これはチェックしておこう!高校を転校する際の注意点3つ

高校を転校したいけど…

「勉強についていけないから高校を転校したい」「体調が悪くて通えないので転校したい」「やりたいことが別にあるからそちらに専念したい」など、現在高校を転校したいと考える人は多いと思います。また高校の在り方の多様化によって、自分に合った高校生活を選ぶことができるようになっています。
しかし、「多すぎて選び方がわからない!」という人も多いでしょう。
そんな人のために、高校を転校する際のチェックポイントをまとめたいと思います。

卒業した先輩方の進路実績・在学中の進路指導

いくつか通える範囲の高校をピックアップしたあと、まずは卒業した先輩方の進路実績をチェックしましょう。自分の進みたい進路に進んでいる先輩方がちゃんといるかどうかを確認するためです。
四年制大学を目指す方は四年生大学に進んでいる先輩方がある程度いるかどうか、また、専門的な職業に就きたい人はそういった職業に就いている先輩がいるかどうか、しっかりと確認しましょう。
インターネットではわからない場合は資料請求や学校見学で確認できるので、気軽に問い合わせてみましょう。
そして、資料請求と学校見学では在学中の進路指導についても知ることができます。
自分がやりたい学習をきちんとできるのか、教えられる先生がいるのか、これもまたしっかり確認しましょう。

信頼できる先生がいそうかどうか

多くの学校は、学校見学に行ったときに対応してくださった先生が入学まで手続きをお手伝いしてくれる場合が多いです。その時、話した先生が自分に合うかどうかが大切です。入学してからしばらくは課題や授業について気兼ねなく聞ける先生が必要です。
特に、「人と話すのが苦手」という方は自分にとって話しやすい先生がいる学校を選ぶと、入学してからも過ごしやすくなります。

各高校には定員があり、入学する際には試験に合格する必要があります。高校を転校する際は、定員に余裕があり受験可能な学校を探しましょう。