声優の魅力は様々な仕事に取り組める幅の広さ

声優になるためにはオーディションを受ける

俳優は容姿や演技を武器にして映画やドラマなどに出演するのに対し、声優は声を武器にしてアニメや番組に出演します。声だけで感情を表現しなければならないため、高いスキルを求められることになりますし、何よりも人を惹きつける声をしていることが大事です。声優になって活躍するためにはオーディションを受ける必要があります。合格すれば作品に参加できるようになるので、そこから少しずつ活躍の場が広がっていくでしょう。ただ、オーディションの参加者は声優の勉強をしている人が多いため、負けないためには自身も勉強が必要です。たとえば、声優を目指す人を対象にした専門学校があるので、入学して基礎からじっくりと学べばオーディションに合格するだけの実力を身に付けられるでしょう。

仕事の幅が広いので活躍できる

声優として目指すべき姿は人それぞれですが、理由の中で多いのはアニメへの出演です。アニメに登場するキャラクターの声を担当すれば、視聴者に自分を売り込むことができるため、仮にアニメがヒットすればその後仕事が大幅に増加する可能性もあります。また、出演したアニメは続編が制作される場合もあるので、1つの作品に参加しただけで後の仕事が決まることも考えられます。アニメの他にはテレビ番組のナレーション、映画やゲームの声優、舞台など声優は仕事の幅が広いので活躍することができます。そのため、声優になる場合は1つだけの仕事というよりは、様々な仕事を担当する方が知識やスキルが身に付くため、自分の将来にとってはプラスです。

声優になるためには専門学校やオーディションの他に声優の養成所へ入所するという方法があります。養成所は大概、事務所直結であったり提携をしていたりするので、実力次第で入所後すぐにデビューという方もいます。