借金の時効と消滅時効の利益を受け取る為の時効の援用

借金にも時効が存在する

借金にも時効が存在していて、一定期間経過すると時効が成立して時効が成立した事による利益を受け取る事ができます。そのため必ずしも時効成立の条件が整ったからと言ってその利益を受け取る必要はありません。本人の意思で時効が成立しても返済をする事は可能なのです。時効成立までの時間は相手が貸金業者であれば5年で貸金業者ではない個人である場合は10年になります。

借金の時効は最後に返済した時や借入をした時から進行していきます。返済と借入以外にも裁判上での請求があったり、催告や差押えや仮差押えがあった場合は時効が中断してしまいます。また債務者が債務がある事を認めた場合も時効が中断してしまいます。

時効の中断は時効の進行が止まるだけでなく、一旦全てリセットされて最初から時効の期間がスタートします。

時効成立後の時効援用

借金の時効は成立しても時効成立の利益を自動的に得られる訳ではありません。時効成立後に債権者側が時効が成立した事を主張して時効成立によって受けられる利益を受け取る事を意思表示しなくてはいけません。この時効成立によって発生する権利を受ける意思表示を時効援用と言います。時効援用をしないと何時になっても債権は消滅しないので、債務者は債権者から支払いの請求を受ける事になります。

時効成立によって受けられる権利を受ける主張ができるという事は逆に時効を放棄して債務を返済し続ける事も可能です。時効の援用ができるのは債務者本人と時効の利益を受けられる保証人などです。

時効援用とは時効により利益を受ける人が時効する期間が経過したと申告することです。申告しなければ時効による権利の取得や消滅は法に定められた期間が経過しただけでは成立せず、援用があり初めて成立するのです。

自己破産の流れにアクセス
関連サイト