ペット保険はどうやって入る?保険金の請求方法は?

申し込むときに必要な手続きがある

人が生命保険や医療保険に入るとき、ただ申し込めば入れるわけではありません。死亡や病気はその人の年齢や健康状態に大きく左右されるので、一定の情報を提供する必要があります。年齢を伝えたり、健康診査、告知などが必要になります。ペットには公的医療保険がないので、病気になったときに大きな医療費がかかる可能性があります。その負担を軽減するためにペット保険に加入しますが、その時にどんな手続きが必要かです。人の生命保険や医療保険に近い手続きが必要です。まずは告知書が必要です。各保険会社から提供される告知書に必要なペットの情報を記入します。その他健康診断書の提出が求められます。指定の健康診断を受けて、その結果を報告します。

その都度受けるか後日請求するのか

保険に入っていて保険事故が発生すると、内容によって保険金が受けられます。誰でも受けられるわけではありませんが、通常は保険金の請求をします。その後保険会社が払うべきかどうかを審査し、そのうえで給付が行われます。ペット保険の扱いはいくつかあります。一つは、人の健康保険と同じような給付方法です。これはその都度支払われる仕組みで、請求などは必要ありません。5割負担コースなら、通常負担する額の半額を負担するだけで済みます。受けた病院などが残りを保険会社に請求します。その他には、通常の医療費を病院に払い、その領収書などを元に保険金の請求をする方法があります。こちらは後日請求タイプです。保険会社が提携をしていない病院で治療を受けるときなどに取られます。

ペット保険の比較をする際には慎重にしましょう。ペットの年齢や健康状態を加味しながら決めることが大切です。