高校中退は不利?進学と成人後の生活の関係について

高校中退によるデメリットとサポート体制について

高校中退は通学している高等学校を様々な理由で退学する行為を指します。高等学校は義務教育では無いので学費を通学する生徒本人が負担します。そのため、経済的な理由で中退することがありますが、世間では高校中退に対してネガティブなイメージが強いため、中退後の就業に大きな支障が生じる可能性があります。また、学業を途中で放棄したと見做されることが多いのも悪いイメージを抱かれる原因の一つです。

高校中退者に対するサポート体制については高卒認定試験や大検がありますが、いずれも卒業者と同程度の学力を有していることを証明するに留まります。そのため、中退者が就業する際は学力が直接関係しない業種を優先することになるので慎重に判断することが大切です。

中退者でも就業出来る業種の判別法について

多くの企業や団体は求職者に対して大卒や高卒など一定の学歴を求めますが、学力以外に学業を継続する忍耐力を要求する意味合いが含まれています。高校中退者が就業する際は学力を問わない所が主流になりますが、会社の規模によっては生活出来る程の収入を得るのが難しいので注意が必要です。

製造業や加工業など、長い経験が要求される業種では若いころからの修行が要求されるため、高校中退者でも比較的容易に就業することが可能です。しかし、年齢が若いことが重視されるため、中退してから年数が経過していると就業が難しくなります。また、会社によっては中退の理由を確認する所もあるので併せて注意します。

高校中退者を受け入れる業種に就く際は収入だけで判断せず、業務内容や社会からの需要など多角的な視野で判断するのが安定した暮らしを営むための心得です。

理由はどうあれ一度入学した高校を中退したということはこれから生きていく上でついてまわってきます。一見マイナスに見られがちな高校中退ですが、その後の過ごし方でいくらでもプラスに変えていくことが可能です。